話し方動画教室オンライン 基礎編 テキスト

話し方動画教室オンライン 基礎編 Chapter1

<メラビアンの法則>

見た目(表情、服装、仕草など)   55%

話し方(音の高低、緩急、間、声)  38%

話の内容               7%

見た目と話し方で93%を占める!

<例題>

「人は、話の内容自体は、たったの7%しか聞いていません」

<表情のレッスン>

あ い う え お

あえいうえおあお
かけきくけこかこ
させしすせそさそ
たてちつてとたと
なねにぬねのなの
はへひふへほはほ
まめみむめもまも
やえいゆえよやよ
られりるれろらろ
わえいうえおわお

話し方動画教室オンライン 応用編 Chapter1

  1. 音の高低で感情豊かに

音の高低を使った応用レッスンです
下記例題を感情豊かに読んでみましょう!

<例題>

「海と高原に抱かれる近場の楽園リゾートへ
久々に休暇が取れたなら、手軽に行けてゆっくり夏時間を楽しめる避暑地へ出発!

地元の名物を食べ歩いたり、自然を満喫したり。
自分を解き放って遊びつかれたあとは、温かいもてなしの宿でぐっすり眠りにつく・・・。

夏らしい風景に出会える海辺の街、涼やかな風に包まれる高原の別荘地・・・
気の向くままに、近場の楽園へ出かけよう。」

☆ポイント!
・並列の単語は同じ音の高さにしない
・高い音は、力を入れるのではなく抜いて出す

雑誌やカタログには、プロのライターが考えた魅力的な言葉が沢山詰まっています。この文章を拾って、言葉の感性を高めると共に、話し方の練習もしてしまいましょう!勉強できる要素が沢山詰まっているのが、雑誌やカタログなのです。

この例題だけでなく、様々な文章を声に出して読んでみましょう。

話し方動画教室オンライン 営業トーク編 Chapter1

<イチローに学ぶ目的意識の大切さ>

「僕の夢」

僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには、練習が必要です。

僕は、3才の時から練習を始めています。
3才から7才までは半年くらいやっていましたが、
3年生の時から今までは、365日中、360日は激しい練習をやっています。
だから、1週間中で友達と遊べる時間は、5〜6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。
そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。
ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。

僕が自身のあるのは、投手か打撃です。
去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO.1投手と確信でき、
打撃では、県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。
そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

このように、自分でも納得のいく成績でした。
そして僕たちは1年間、負け知らずで野球ができました。
だから、この調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、
お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。
とにかく一番大きな夢はプロ野球の選手になることです。

愛知県西春日井郡 とよなり小学校   
6年2組 鈴木 一郎

Copyright (C) web-school.tv.All Rights Reserved.